検索
  • 野村将揮

M.ブーバー『我と汝・対話』(岩波文庫)/『孤独と愛』(創文社)

最終更新: 2018年10月31日

岩波の『我と汝・対話』(植田重雄訳)よりも、創文社の『孤独と愛』(野口啓祐訳)の方がよほど読みやすく感じた、というか、 後者のほうが明らかに存在論哲学を踏まえた上での訳出をしていることが手に取るように分かる。振り返るにこの数年間はなんだかんだよく学問を齧ろうとしたものである。ディレッタントもどきにしかなれなかったけれど。

-------

わたしは、<なんじ>となるひとの髪の毛、話し方、あるいは、性質の良さだけを取り出して考えることが出来る。いや、いつもそうして考えざるを得ない。しかし、そのたびごとに、わたしはそのひとを<なんじ>でないものにしてしまうのである。

-------


わたしはあるとき、ある場所で、<なんじ>となるひとと出会うのではない。なるほど。わたしはそのひとを、一定の時間と空間のなかに固定させることができよう。いや、いつもわたしはそうせざるを得ない。しかし、その場合、わたしが固定させるのは、<かれ><かの女>ーつまり<それ>であって、もはやわたしにとっての<なんじ>ではないのである。

-------


全ての真実なる生とは、まさに出会いである。

-------


真の存在は、現在のうちにのみ生きる。これに反して、対象は過去にしか生きない。

-------


最後のは特に響いた。対象は過去にしか生きない。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

忘れ得ぬものの所在

ふと、親代わりだった祖父のことを思い出したので、少し書き残しておきたい。 一ヶ月が経過した。世に言うキャリア官僚を辞して設立一年にも満たないベンチャーの役員になった。官舎を出る必要があったため住む場所も変えた。金銭を受け取りながら人前で自分の名前を出しながら意見を表明することにも多少は慣れてきた。 自然、日常を織り成す人間関係に、小さくない変化があった。節目にかこつけて旧交を温めてくれた師や友人も

経済産業省退職にあたって

今日付で経済産業省を退職した。入省に至った経過と今日感じたことを書き記したい。いつかの自分のために。 中学時代は剣道に、高校時代は東大受験に、文字通り全身全霊で打ち込んだ。田舎の片親家庭だったが、今思えば、そのような機会・環境が与えられていたことは幸福以外の何物でもなかった。 1度目の東大受験に失敗して、単願だったため、浪人することになった。現役時代の蓄積があったので、数年ぶりに「受験対策」以外の

無題

結局のところ、ストレスは予測不可能性から来る部分が大きい。なんとなくの見立てで大丈夫そうだったり、個別に見れば大した負荷でなかったりしても、未経験かつ予測不可能な事柄で公私を埋めると行き詰まる。これはいい教訓になった。厳しく見ると、方々に於いて過信があったのだろう。 やはり「うまく進んでいる」と実感できる事柄を主軸に置いて日常生活を設計するに限る。拠り所があれば、多少の振れ幅があってもそれが一時的