検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

心の琴線がどう張られているかということを意識できるといいのだが、やはり、なかなか簡単に分かるものでもない。何かが触れる(或いは共振する)ふとした瞬間を大切にするということに尽きるのだろう。意外に軽視していた自分の一面が現前してきたときに、それを素直に、真っ直ぐに受け止めることができるかという話。

0回の閲覧