検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

人と散々言葉を交わした帰途にものを考えることが滅法少なくなった。そして、そのことについても特段の感想も抱かなくなった。同様にして、人に物を言わなくなった。自意識を矯正できるのは自意識だけであって、自意識の無いところに美意識はあり得ないが、逆はそうでもないので厄介だと思う。

センシング効果という言葉を聞いた。共感覚とはまるで別なのだが、記憶に関するそれというのが簡潔なところか。よくないことに、逃避としてその種のことを平生から重ねてしまっていたので、敢えてそうしないことに努めところ、案外に物音も立てずに自己解体に至ったし、それが虚構でしかなかったと感じられる足元には感覚を超えたものが確かにある。つまりは、季節は使い棄てていくものだと本当に思う。そうして初めて演出めいたことをしても、誰にも咎められなくなるらしい。

9月は出来るだけ1人の時間を取りたい。

0回の閲覧