検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

望まずして他人に頼りにされることが滅法増えた、って書いてから、望んだ末に他人に頼られるなんてことがあったとしたら、それこそ下賤な下心の類の証左だろうと思いもした。その種のものを持たない努力はしてきたし、幾分も意味があったとは思う。

否定のしようが無いところ、断絶の彼方に、紛れも無く、絶対的他者がある。大学1年の今頃に原理隔という言葉についてよく考えた。その頃に出会った教授とも意図せず疎遠になったほどには時間が経った。自分の中でさほどに重要でない諸問題や諸事情が、彼岸から発せられる極めて個人的で悲痛なそして真摯な叫びによって流入し、此方側を求心し回収しようと躍起になって侵食してくる。貴様の都合など、感情など、生死など、俺からすれば至極どうでもよいのだ、そう言えなくなってしまった足元には棄て去るにも忍びない残酷な幸福が転がっている。何を望んでいたのか、何を望むのか。本当に、どうにも残酷なお話である。

精神医学において、基礎能力の偏差が種々の精神疾患の因子となるということを聞き、確かにそうらしいと思い至った。他方で、件の作家の記憶力の話ではないが、(他者とのあいだに)そういった偏差があるからこそ人間は人間でいられるのだ、と、少しだけ交わることのあった人が述べていて、一人ただ唸った。やはり出来た人間というのもいるものだ。

アランにラッセルにフランクルなど幸福論の類は大方読み漁ったが、心身を注ぐ対象を措定する力こそ、と思う。なんと情けない話か。そりゃMelvilleも"Ah Bartleby! Ah humanity!"とか叫ばせるやろ。やれやれ。

コンビニで売られている添加物まみれの乾いた寿司が好きなんやけど、あの酢飯の安っぽい味が忘れられんからなんよなぁ。おかんもアルトバイエルンとか高級ウインナーより赤色のタコさんウインナーとかアンパンマンポテトとか好きって言うとったし。舌が肥えても忘れられん陳腐さって、そりゃもう一生を規定してまうわ。そうなったら舌噛み切るしかないけど、痛いの嫌やし、まだまだ旨いもん食いたいし。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

忘れ得ぬものの所在

ふと、親代わりだった祖父のことを思い出したので、少し書き残しておきたい。 一ヶ月が経過した。世に言うキャリア官僚を辞して設立一年にも満たないベンチャーの役員になった。官舎を出る必要があったため住む場所も変えた。金銭を受け取りながら人前で自分の名前を出しながら意見を表明することにも多少は慣れてきた。 自然、日常を織り成す人間関係に、小さくない変化があった。節目にかこつけて旧交を温めてくれた師や友人も

経済産業省退職にあたって

今日付で経済産業省を退職した。入省に至った経過と今日感じたことを書き記したい。いつかの自分のために。 中学時代は剣道に、高校時代は東大受験に、文字通り全身全霊で打ち込んだ。田舎の片親家庭だったが、今思えば、そのような機会・環境が与えられていたことは幸福以外の何物でもなかった。 1度目の東大受験に失敗して、単願だったため、浪人することになった。現役時代の蓄積があったので、数年ぶりに「受験対策」以外の

無題

結局のところ、ストレスは予測不可能性から来る部分が大きい。なんとなくの見立てで大丈夫そうだったり、個別に見れば大した負荷でなかったりしても、未経験かつ予測不可能な事柄で公私を埋めると行き詰まる。これはいい教訓になった。厳しく見ると、方々に於いて過信があったのだろう。 やはり「うまく進んでいる」と実感できる事柄を主軸に置いて日常生活を設計するに限る。拠り所があれば、多少の振れ幅があってもそれが一時的