検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

季節柄か、鬱屈しやすいというか鬱憤(なんて素敵な字面と響きとを備えた言葉なんでしょう)が溜まりやすいようで、やはり界隈にもそうらしい人が頗る多いが、振り返るにその類のものの取り扱い方として、発散することしか学んでこなかったなぁと。この種のものを解消するには、パーンと発散させるかフワッと霧散させるかの差が存外に大きく、双方の仕方を使い分けられればとてもよいのではないかと思う。雨が降っていて体調も芳しくなく暗記物に手を付ける気概が無いとき、ふと何か読むかぁなどと思い付いても、書棚の文字列に惹かれやしない。そういう感じ。快晴の日に散歩に行きたくなるのは至極自然なのであって、雨の日に散歩したくなるかという話。もっと言うと散歩できるかという話。まぁ晴れた日に散歩したくなるような心性が本物だろうかと疑ってしまうが、それはそういうことにしておく。

日常の癒やし要素って案外少ないもんで、発散(哲学で言うところの内破の方が近いかもしれない)ばっかりしてると、閾値を超えたときに破壊衝動に転化してしまう。やっぱ犬だな。公園とか大学の構内とかで人間の散歩に付き合ってやってるモサモサの犬に歯笛投げ掛けて、飼い主放置で俺のとこにやってきて、遊べー!ってやって来るあの感じ。ああいう要素が日常ってか社会ひいては世界にたりない。Coccoほど身を切るような感じじゃなくて、鬼束ちひろほど頽廃的じゃなくて、Salyuほどポワポワしてない、宇多田ほど眩しくない、、おらんがな。

ずっとお世話になってるイギリス人の教授に進路相談に乗ってもらったんだが、終始「学者?給料クッソ安いぞヘッヘッヘwwwww」「俺もヘッジファンド行っときゃよかったかなぁヒャッハー!!」みたいなテンションだった。お礼を言って退室しようとした際に、満面の笑みで一言、"Enjoy!"って言われてこちらまで笑顔になってしまった。何も楽しくないのに笑えるってのは、実は楽しいのかもしれんし、人生ってこういうもんなのかもしれない。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

忘れ得ぬものの所在

ふと、親代わりだった祖父のことを思い出したので、少し書き残しておきたい。 一ヶ月が経過した。世に言うキャリア官僚を辞して設立一年にも満たないベンチャーの役員になった。官舎を出る必要があったため住む場所も変えた。金銭を受け取りながら人前で自分の名前を出しながら意見を表明することにも多少は慣れてきた。 自然、日常を織り成す人間関係に、小さくない変化があった。節目にかこつけて旧交を温めてくれた師や友人も

経済産業省退職にあたって

今日付で経済産業省を退職した。入省に至った経過と今日感じたことを書き記したい。いつかの自分のために。 中学時代は剣道に、高校時代は東大受験に、文字通り全身全霊で打ち込んだ。田舎の片親家庭だったが、今思えば、そのような機会・環境が与えられていたことは幸福以外の何物でもなかった。 1度目の東大受験に失敗して、単願だったため、浪人することになった。現役時代の蓄積があったので、数年ぶりに「受験対策」以外の

無題

結局のところ、ストレスは予測不可能性から来る部分が大きい。なんとなくの見立てで大丈夫そうだったり、個別に見れば大した負荷でなかったりしても、未経験かつ予測不可能な事柄で公私を埋めると行き詰まる。これはいい教訓になった。厳しく見ると、方々に於いて過信があったのだろう。 やはり「うまく進んでいる」と実感できる事柄を主軸に置いて日常生活を設計するに限る。拠り所があれば、多少の振れ幅があってもそれが一時的