検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

長きにわたって軽薄な言葉に対する嫌悪が酷かったのだが、おそらくに自身に重みが足りず流されていた面が多分にあったのだろう。

清らかに流れ、軽やかに霧散する、そういうものへの抵抗が無くなったのは、歳を重ねたということなのだと思う。

にしても他人に頼らないと内的衝動に執着することすら出来ないなんて、素直さを通り越して幼稚な話や。生々しく横たわれるかというのは今後数年の課題になりそうではある。早めに解消されたらと願うばかり。

0回の閲覧