検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

節目を前に、親しい人たちと改めてゆっくり話をする時間を重ねる日々の中で、語ることの意味も是非も考えなくなってしまった。無理矢理に言えば、考えなくても済むようになった。

語る主体としての自己と、語る対象としての自己、どちらをも失ったらしいこの期に及んで、なおここに残存しているものを同定したいとも名付けたいとも思わない。俯瞰するに、自分が所詮はその程度の人間であったということ、或いは自分がそのような過程を踏むべきであった人間であったということ、思い遣るにつけて幸運が続いたのだと実感する。

これから数年は、畏れているものをきちんと見定めた上で、攀じ登っていきたい。貪欲さと攻撃性と高慢さを取り戻す努力をしていきたい。

0回の閲覧