検索
  • 野村将揮

無題

更新日:2018年10月31日

後輩の女の子が官僚を目指すか学者を目指すかで揺れていた。衝動と呼ぶには浅薄で、気紛れと呼ぶには純度が高い。微笑ましくもあり、先を思うと居た堪れなくさえあった。

自分に関して語ることを(敢えて)すると、やはり、パブリックで在ること、もしくは、真理を探求すること、この二つのいずれかに死のうと思ってはいた。パブリックで在ることの幅がどうにも断じ難く、人間の知の集積に掠り傷を残すことが公的でないかと言われればそんなことは決して無いが、端的に、他者との間の具体性を求めたく「なった」、それだけの話だったのだと思う。加えて、ご都合主義的ではあるが、具体的に、実存的、実際的に何かを求める先に、まさに先述した梅原の言葉ではないが「真理が味方してくれる」、そういう在り方への希望を捨て切れないでいる部分もあるのだろう、楽観主義者でも性善説論者でもなく。

この歳になってやはり腑に落ちる(最近気に入っている言葉)のは、やはりフランクル的な「意味への意志」のこと。運命論でも唯我論でも実存主義でもない。メタな語りをすると、それを受容するに至った時点で、つまり抗うことをしなくなった時点で、腑に落ちている時点で、二皮ぐらい剥けていたのかもしれない。

Mark Twain "Adventures of Huckleberry Finn" の一節 "All right, the, I'll go to hell."以降の意味合いについて再考中。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

忘れ得ぬものの所在

ふと、親代わりだった祖父のことを思い出したので、少し書き残しておきたい。 一ヶ月が経過した。世に言うキャリア官僚を辞して設立一年にも満たないベンチャーの役員になった。官舎を出る必要があったため住む場所も変えた。金銭を受け取りながら人前で自分の名前を出しながら意見を表明することにも多少は慣れてきた。 自然、日常を織り成す人間関係に、小さくない変化があった。節目にかこつけて旧交を温めてくれた師や友人も

経済産業省退職にあたって

今日付で経済産業省を退職した。入省に至った経過と今日感じたことを書き記したい。いつかの自分のために。 中学時代は剣道に、高校時代は東大受験に、文字通り全身全霊で打ち込んだ。田舎の片親家庭だったが、今思えば、そのような機会・環境が与えられていたことは幸福以外の何物でもなかった。 1度目の東大受験に失敗して、単願だったため、浪人することになった。現役時代の蓄積があったので、数年ぶりに「受験対策」以外の

無題

結局のところ、ストレスは予測不可能性から来る部分が大きい。なんとなくの見立てで大丈夫そうだったり、個別に見れば大した負荷でなかったりしても、未経験かつ予測不可能な事柄で公私を埋めると行き詰まる。これはいい教訓になった。厳しく見ると、方々に於いて過信があったのだろう。 やはり「うまく進んでいる」と実感できる事柄を主軸に置いて日常生活を設計するに限る。拠り所があれば、多少の振れ幅があってもそれが一時的