検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

振り返るに、自分を語る言葉を獲得したかったということに尽きるのだと思い至った。他人や社会に提示する自己像を措定したいという矮小な話ではなく、自己完結的で愉悦的な志向性に基づくものでもなく、ただひたすら自身の存在を肯定するために定義することが必要だったのだと思う。ひずみがあるといつかはこの身を支え切れなくなるので、ひたすら自分に対して誠実に、つまり、まずは(仮に目的化されていようが、あくまで過程として、)他人に誠実であろうとする努力が必要だったのだろう。そして一般には、社会制度に回収されてり社会的役割が付与されたりすることで、自ら肯定する必要性も手間も省ける(という程度のものでしかないのかもしれない)。


人間は然程に強くないし、社会というか人間の歴史はそれをよく踏まえて形作られてきており、そういう風に生きていくことになっているのかもしれない。この仮説にわざわざ対峙する矜持の取扱については、もう少し考えたいが、特段億劫なわけでもない中で、次に気が向いたときでいいか、程度に思えている。強弱の付け方問題でもないのだろう

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

忘れ得ぬものの所在

ふと、親代わりだった祖父のことを思い出したので、少し書き残しておきたい。 一ヶ月が経過した。世に言うキャリア官僚を辞して設立一年にも満たないベンチャーの役員になった。官舎を出る必要があったため住む場所も変えた。金銭を受け取りながら人前で自分の名前を出しながら意見を表明することにも多少は慣れてきた。 自然、日常を織り成す人間関係に、小さくない変化があった。節目にかこつけて旧交を温めてくれた師や友人も

経済産業省退職にあたって

今日付で経済産業省を退職した。入省に至った経過と今日感じたことを書き記したい。いつかの自分のために。 中学時代は剣道に、高校時代は東大受験に、文字通り全身全霊で打ち込んだ。田舎の片親家庭だったが、今思えば、そのような機会・環境が与えられていたことは幸福以外の何物でもなかった。 1度目の東大受験に失敗して、単願だったため、浪人することになった。現役時代の蓄積があったので、数年ぶりに「受験対策」以外の

無題

結局のところ、ストレスは予測不可能性から来る部分が大きい。なんとなくの見立てで大丈夫そうだったり、個別に見れば大した負荷でなかったりしても、未経験かつ予測不可能な事柄で公私を埋めると行き詰まる。これはいい教訓になった。厳しく見ると、方々に於いて過信があったのだろう。 やはり「うまく進んでいる」と実感できる事柄を主軸に置いて日常生活を設計するに限る。拠り所があれば、多少の振れ幅があってもそれが一時的