検索
  • 野村将揮

無題

最終更新: 2018年10月31日

流れをつくるということの大事さを、そこはかとなく感じている。主流を自分の中で作ってしまえれば、多少の横槍や躓きも所詮は多少のものでしかないのだと看破し克服できる。

やはりいい流れをつくるということに尽きる。なにかを自己目的化する必要すらない。よく分からないけれど良い方向に進んでいる、そんな根拠に薄い確固たる実感こそが、中長期的に自分をどこかに連れて行ってくれるのだろう。つまりは、思い返すに激昂したくなるようなことも(当然)あるにはあるけれども、総じて何らか、いや、すべてがなんとなくいい感じだということ。

18回の閲覧