検索
  • 野村将揮

性質がそのまま

最終更新: 2018年10月31日

此の期に及び何をか改めん、という矜持がありつつも、そのような自我、或いはそのような自我が保とうとするものの何たるかを、やはり知らず、また急ぎ知ろうとも思ってはいないらしい。

何に溜飲が下がるかで器が知れる。今日は自身を情けなく思うこともあった。


「ガラス」

0回の閲覧