検索
  • 野村将揮

その頃僕等はどうかしていた

最終更新: 2018年10月31日

又吉直樹『劇場』読んだ。奇を衒うでも突き離すでもない仕方での救いの無さの演出。それは作中で繊細にも(概ね)保持され切ったメタフィクション性も相俟って、才覚を認めさせるものだった。また、このような評価を下す自分の半生を振り返るに、自尊心と呼ぶにはあまりに淀みの無い心性を再発見しもする。紛れもなく『火花』を超える作品。二度と読みたくない。

『火花』

0回の閲覧