「若き才能の結節点に」

「未来を担う"哲学"の敷衍」

富山の田舎から東京に出てきて十年。

この歳になってようやく

「自分は、誰かの才能に触れて

   心震える瞬間が好きで堪らない」

ということを自覚するに至りました。

 

僕が珈琲や酒を片手に語り合う友人らは、

才能に満ち溢れています。

そんな彼ら彼女らの"哲学"は、

平成という時代を象徴するものであり、

また、間も無く到来する

平成後の未来を示すものでもあります。

 

高齢化時代に若き才能を結集させ、

その"哲学"を社会に広げていく。

そんな大それたことを考えながら、

僕の日常を織りなす才能との対話を

超趣味的に公開していきます。